2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ZIPPOにうれしいお便り・・・その② | トップページ | そうか11月22日はいい夫婦の日なんだ! »

2009年11月 7日 (土)

工房の血

glass-hopperを立ち上げて一年半・・・時々ブログを振り返ってみると、今では目をつぶって出来ることにつまづいたり、苦労したり、挫折しかけている自分と再会できます。

と同時に、文章の行間に詰まった、あるいは文章を通じてお客様(ブログを読んでいただいている方)に工房のこだわりを必死にアピールする自分にも出会えるわけです。

この一年半glass-hopperは何にこだわってきたのでしょう?
サンドブラスト工房には芸術的な彫刻を訴求する工房と、ギフト関連を中心に生業としている工房があります。glass-hopperはもちろん後者です。商売としてこの仕事を選んだのですから、「売れる」商品を作らないと食って行けない(リアル!)わけです。

でも・・・・ここに葛藤が生まれるわけです。じゃ全く自分の血が通っていない「モノ」を販売して食っていければいいや・・・・これも抵抗があるんです。

むかしCDの販売を17年くらいやっていましたが、CDも自分の耳で聴いて「いいな!」と思ったものにコメントを書いて展開・販売するのがバイヤーとしての醍醐味でした。要は自分の店の中に自分の色を出す、店の中に自分の血を通わせるということに尽きます。それだけ自己顕示欲の強い性格なのかもしれませんが、とにかく「ありきたり」が嫌いなんです。この男・・・。

工房も同じく「glass-hopperの色」にこだわってきたのかな・・と最近思います。
①最大の色は彫刻のデザインです。夫婦喧々諤々で(バッタ夫やや優勢)作ってきた手書きのイラストやオリジナル筆文字はすごく「アナログ」で手間のかかる仕事ですが、これがglass-hopperの血です。(もちろん素材集なども参考にしますが「そのまま使う」ことはあまり・・・。)
②尽くす心・・・・というとおおげさですが、夫婦とも長い間接客をやっていましたから、お客様のために・・できることはやらせていただく!簡単にお断りしない!
CDを探すのに何日も何日もお探ししてお客様にお渡しいた時の喜びを知っています。たとえネットショップでも誠心誠意尽くさせていただくことは肝に銘じています。その尽くす心を形に変えるのが「技術力」ですね。日々精進です(練習で使ったガラスやらタイルやらが山のようです・・・)

この2つがglass-hopperの「血」ですね。ようやく工房の中に自分たちの「血」が通うようになってきました。また、お客様からのご支持も自分たちの「血」と一致するようになってきました。うれしいですね。これからも「血が濁らないように」glass-hopperは頑張って参りますので、ひとつごひいきにお願いいたします。

ウェルカムボード/オーダーメイドギフトのglass-hopper
http://www.glass-hopper.jp/

« ZIPPOにうれしいお便り・・・その② | トップページ | そうか11月22日はいい夫婦の日なんだ! »

コメント

芸術と商売の狭間で葛藤する時が僕にも訪れるんでしょうか
その時は相談に乗って下さいね

何事も失敗を繰り返し覚えていくものではないでしょか。
流した血は確実に身になっていますよbicycle

アンソロジィ様
コメントありがとうございます。芸術は・・・もう少し後になって追及していこうかな・・というよりサンドブラストの最終ゴールはそこなんですが!何事も経験と学習ですよねぇ。諸先輩がたのように私はなりたい・・・・↓こちらのかたのようにね

砂かけじじい様
コメントありがとうございます。そうですよね・・・・近いうちに45→50→55→80と目指してあれを頑張りたいと思いますhappy01また、ご教授お願いいたします

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1148522/32108682

この記事へのトラックバック一覧です: 工房の血:

« ZIPPOにうれしいお便り・・・その② | トップページ | そうか11月22日はいい夫婦の日なんだ! »